« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月

2016年5月29日 (日)

ダイヤモンドは磨かれて

しばらく書かない間にいろいろありました
スマホがぶっ壊れたりなどなど
その間野球&競馬はしっかりチェック
ラニのケンタッキーダービーとプリークネスS挑戦
エイシンヒカリの仏G1イスパーン賞10馬身圧勝劇
日本競馬も外に積極的に出て行く時期なのでしょう
エイシンヒカリは次走プリンスオブウェールズSに本命として向かうでしょう
ロイヤルアスコット行ってみたい
さて夢はさて置き国内の祭り
東京優駿
日本ダービー
珍しくあたくし折り合いを欠いておりません
予想も終わりました
本命はサトノダイヤモンド
対抗はヴァンキッシュラン
特にサトノには思い入れがありますから応援です
かといって蛯名Jのダービー初制覇も観たい
いろんな思考が入り混じって脳がぐーるぐる
こういう時は好きな仔を推せばいーんです
ダイヤモンド頑張れ!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年5月 8日 (日)

げっ!

NHKマイルのグッズって東京競馬場限定かい!
しらなんだ
ひぇぇぇぇ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

昨日朝2時間半考えても越えられなかった壁

ハクサンルドルフ頑張るんだよ
あたいは京都で応援してるよ
府中までいきたかったなぁ
まあ言っても詮ない

では先週の振り返りじゃなくて今週の…
5/4 園田行ってまいりました
前々から行ってみたかったんですが機会がなかったんでね
交流重賞 兵庫CS観戦です

園田競馬のロゴ
この日はいろいろ催ししてました
マジックショーとか
ウロウロして思ったのがパドックもコースすごく間近で観れること
コースはダートを近くで観ることがJRAではできないからかも


…だから写真も結構迫力が
ごめんなさい
この仔が何者か忘れてしまった
さて…メインの兵庫CS


イツモシアワセ
地方所属の仔ってこういう馬名の仔多い気がします
名前がいいからファンになりました


ゴールドドリーム
JRA所属馬はこの仔に限らず見栄えがしました
今回の大将格
3戦3勝で前走ラニを破ってますからここもって言う期待が大きかったです


岩田J×イーストオブザサン
確か以前観たことあったような…
縁を感じて応援です


そして勝ったのは…
川原J×ケイティブレイブ






ゴールドドリーム以下7馬身差にちぎり捨てました
逃げたとはいえ強かった!
川原Jの起用もよかったかも
通算5000勝の鉄人は伊達じゃない
57歳で現役を続けられるのはほんと凄い!
サイン頂けなかったのは残念だったけどいつか

お、もうすぐ着く
ルドルフのグッズ買わな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 5日 (木)

ナナブンノニ

やった!
ハクサンルドルフ
抽選突破!
ノコギリザメも!
現地に行きたい!!
なんとかならんかね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 3日 (火)

リズムが掴みにくい

仕事と休みのサイクルが真逆
手持ち無沙汰だわさ
GWの前半は旅行そんでもって天皇賞春
でも明日は園田に写真を撮りにいくのだー
へへへ
初めてだからすごく楽しみ
それじゃあ天皇賞春
実はパドック写真のみ
人が多くてとてもレースを撮りにいく余裕はありませんでした
それにこの日は別の目的も…


トーホウジャッカル
ブロンドのイケメンですなぁ
酒井Jと再コンビで馬体重も前走比−12キロで仕上げてきました
結果は5着
順調に行けば復活も近いかも


ゴールドアクター
5連勝中の昨年グランプリホースも良馬場で外枠は厳しかったか
次走は宝塚記念かなぁ
距離が短くなるのは多いにプラスで巻返しも十分


サウンズオブアース
舌ペロリ


シュヴァルグラン
阪神大賞典勝ちからここへ
ヴィルシーナの弟ですしやっぱ能力ありますねー
将来楽しみ


キタサンブラック
武豊Jの騎乗に枠にペース
いろんな要因が重なってというのもありますがやはり強い
菊花賞に天皇賞春と長距離G1獲ったから次は中距離のタイトルが欲しいところ
宝塚記念に向かうかなー
そうなると超豪華メンバーだわさ
休み確保せねば

天皇賞春のあとは急いで並びました
あたしは使用済ゼッケンのチャリティ販売の列へ
一緒にきてたいたくまさんはファンと騎手との集いの観る場所確保へ
ゼッケン買えました
ペイザージュ…
誰?
で調べてみたらダッシャーゴーゴーの妹やんけ!
おっかけますよ何かの縁
これに岩田Jのサインがあれば…完璧
ファンと騎手との集いは面白すぎます!
勝負の時とやっぱり顔つきが違いますね


その一コマ
みんな仲いいなぁ





| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »