« オーダー!!投手編その2!! | トップページ | フェブラリーS特集その2 »

2012年2月15日 (水)

フェブラリーS特集その1

本当は今週はフェブラリーS特集をぶっこむ予定だったがホークスの開幕オーダー!!に時間がなんだかんだかかったので今日から。

ではでは…。
フェブラリーS
東京競馬場
ダート:左回り1600m

この東京1600mコースってのは…冬のダート王を決める…そうじゃなくても致命的な欠陥があります。
それはダートのレースなのにコースの都合上芝スタートということである。
しかも内枠と外枠では芝を走る距離が違うんですな!!
当然ですが砂地を走るより普通の地面を走るのが力も要らんし、スピードののりも違うんで外枠が有利ということになります。
…でも、芝がからっきしダメというおまぬけさんは…内枠も外枠もダメ!!
だってスタートから芝でそっから100m以上芝コースを走るんだものね。
ということで…東京ダート1600mの戦績が予想の上で大事になるんじゃないかとね。
あとはやっぱりダートだから前に行くのが有利…でもこのコースになると結構差し・追込も決まってる印象…。やはり東京特有の直接が長いのとG1ならではの厳しい流れで差し馬も台頭しやすいのかな。

ということで…今日は君に決めた!!

シルクフォーチュン君!!
6歳の男の子…ってもう子供じゃありません。立派な大人です。

父:ゴールドアリュール
お祖父さんはサンデーサイレンスなんですがゴールドアリュールはサンデーサイレンス産駒の中で唯一のダート一流馬でして、種牡馬入りしてからもサンデーサイレンス系のダート部門を牽引する貴重な役割を果たしております。
えーっと…代表産駒は…
スマートファルコン
エスポワールシチー
オーロマイスター

あれ…タケミカズチ!?君もそうだったか!!

兎に角ダート重賞の覇者を沢山輩出しております。
そんな父を持つシルクフォーチュン君は前走の根岸Sを勝って意気揚々と本番に向かっております。
前走根岸Sは最後の直線を最後方から当に鬼脚!!上がり3F34秒9!!芝のレースか!!
昔このレースをかったブロードストリートを彷彿とさせるレースっぷり。
あの脚があるなら直線の長いコースはむくんでしょうね。

それと、昨年の南部杯(まったく同じコース)でも勝ったトランセンドに0.1秒差でしたから今回も勝負になるでしょう。
本番ではたぶん3番人気くらいですかね。

あの派手なパフォーマンス本番でも見せて欲しいです!!

次回は、たぶん1番人気トランセンド!!の登場です。

|

« オーダー!!投手編その2!! | トップページ | フェブラリーS特集その2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

南部杯の健闘は驚きでした。1600は長いはずだと思ってました

前より力がついたからと見るか、相手が軽かったからと見るか…

追い込み型は好きなので末脚爆発してほしいですね!

投稿: ◎ | 2012年2月16日 (木) 01時19分

やっぱりレースっぷりが派手だといいね。
追込もだけど大逃げとかも馬券買ってなくてもつい応援してしまう。
最後の直線で…『やっぱりダメだ~!!』ってなるの含めて醍醐味だと思います。

投稿: カラス先生 | 2012年2月16日 (木) 20時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オーダー!!投手編その2!! | トップページ | フェブラリーS特集その2 »